買 取

不動産を売却される場合、『買取』と『仲介』の2つの選択肢があります。『買取』は不動産業者がお客様(売主)から直接対象の不動産を買い上げる場合で、『仲介』は不動産会社がお客様(売主)から依頼を受けて営業活動をし、購入希望客を見つけて契約締結につなげることを言います。仲介については別ページで説明しております。ここでは買取についての説明をします。

買取の場合のメリット

  • スピーディに売却できる
    当社直接買取ですので物件確認後に速やかに契約・決済でき、即現金化が可能です。一般的な仲介による売却の場合、購入希望客が現れるまで数か月かかる場合もあります。売却の場合はこのような待つ期間が無いため格段に速い売却が可能です。
  • お住替え時の資金計画がフレキシブルに
    お住替えの場合、売却資金で転居先の資金を賄うことはよくあることです。しかし一般的に仲介の場合は現在のお住まいを退去してから決済し、売却資金を受け取ることになるため新居への支払を先にすることができず資金繰り条不都合が発生します。当社買取の場合、ご転居前に決済可能ですのでお住替えのスケジューリングが容易になります。
  • 仲介手数料が不要
    当社直接に買取させていただきますので仲介手数料が発生しません。余分な経費が発生せず、リーズナブルな売却をしていただくことができます。
  • 購入希望者の内見が無い
    仲介案件になると戸建てやマンションの場合は購入希望者による内見があります。より購入意欲を持っていただけるように整理や清掃などを気を使う必要がでてきますが、買取の場合はそのような気遣いは不要です。当社の現地調査1回のみで終了ですので余計なストレスがありません。

買取のデメリット

  • 売却金額が低くなる
    仲介の場合はお客様(売主)から直接お客様(買主)への売買取引となりますので、不動産市場の相場で売却することができます。しかし買取の場合は不動産会社の利益や一度買い取るための経費(所有権移転費用や不動産取得税など)が発生するため一般の市価相場より低いものとなります。ただ上記のような売主様にとってのメリットも存在しますので、状況に合わせた選択をしていただくことがベストと思います。

売主様が『早く売る』ことと『高く売る』ことのどちらに重点を置かれているかによって買取か仲介かの選択が決まると思います。売却を急いでいる場合は買取をご検討されることをお勧めしますが、時間的余裕があれば仲介で相場を見ながら売却を進めていく方がメリットは大きいかもしれません。

また当初は仲介で高めに売り出し、一定期間で売却ができなかった場合は買取に切り替えるということももちろん可能です。ご売却のスケジュールに合わせた売却活動プランをご提示させていただきますのでお気軽にご相談ください。

買取査定の場合は現地確認をさせていただいた上で査定額を提示させていただきます。買取査定は下記のフォームからご依頼いただくか、もしくはお電話でご相談ください。

>>買取査定申込フォーム

Follow me!